読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由ってなんじゃろ!?

自由考察大学(仮想)で自由について研究していくブログ

欲求の煽りと自分の意志の天秤

f:id:peaceheart:20170404233408j:plain


私は好きなアーティスト・アニメ関連の商品が出ようが、
そのグッズ自体を欲しいのかどうか自問自答します。
そして、要らなければ買いません。

何かのファンになったり興味を持つと
それ自体が欲求発生源になります。

しかし、
欲求と自分の意志というのは案外違うことが多いです。

・・・
・・・
・・・

「何!?欲求は自分の意志ではないのか!?」

と思った方もいらっしゃると思います。
完全にそうではないと私は主張します。

 

例えば、
公園にいたとして
ボールが落ちていて
壁に的があったら

無性に的をめがけて投げたいと思いませんか?
(特に男性)

古代=狩猟で獲物を狙う
戦国時代・戦争=弓矢・鉄砲で狙う

そんな生き方をしてきた人間はDNAレベルで
的を狙いたくなるのです。

これは、
その人が弓道が趣味とかダーツが趣味とか関係なく、
そういう欲求発生源に出くわしたら欲求が生まれる。

なので、自分の考えの前の段階で
本能的に出てきてしまう。

 

そして、商売とはそれに付け込むのが基本です。

屋台から良い匂いがして食欲が生まれ、
その結果、その商品を買うことがあります。

「今日は焼き鳥を買おう。」
という考えがなくて
「あの付近は焼き鳥屋があるから帰りに買おうかな。」
という程度だったのが
「買おう!」
という決定に行き着くのは
考えによるものだけではなく
匂い・視覚から作られた欲求になります。


欲求のまま食べたいものを食べる=自由気まま

そう見えるかもしれませんが、
実際のところ店側の欲求発生源に乗った状態です。


ここで踏みとどまって焼き鳥を買わなければ
・新しい料理をする
・今まで買わなかった食材を買う
・焼き鳥屋の味付けじゃない鶏肉料理

こういう可能性が生まれてきます。
(可能性の例が微妙ですね、いい例が浮かびませんでした)

その可能性は欲求ではなく自分の思考で行うものだから
『自分に由る=自由』
なんです。
※禅の考えでもこういう思想があるらしいですね、
私は禅の考えを知る前からこう思ってたので、
自由を求めることと禅は共通しているのかも。


単純なお腹を満たすための食品に関しては
このように欲求に振り回されても致命的にはなりません。
そもそも人間である以上、食は必要ですから。
食欲を我慢するべきとは言いません。

ただ、食欲であれば
満腹にすることで食欲自体は満たせます。
なので
欲求が溜まる』
ことは少ないでしょう。


しかし、
食欲以外の欲求は、代替の問題が付きまとうので
また難しい問題になってきます。

長くなったので続きは今度

 

広告を非表示にする