読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由ってなんじゃろ!?

自由考察大学(仮想)で自由について研究していくブログ

【自由へ導く作品01:CENTER OF UNIVERSE】

f:id:peaceheart:20170516101954p:plain

【自由へ導く作品01:CENTER OF UNIVERSE
======================

このコーナーでは、自由へ導く作品のレビューをしつつ、
自由について考察をしていきます。
※レビューと言っても歌の場合は主に歌詞のみを取り上げます。


【要点先取り】
・総ては捕らえ方次第=世間の尺度ではなく自分の見方次第で景色も変わる
・考え抜いて出た答えが15点でも、それは自分が求めたもので必要だったもの
・自分と他者は別物で、自分を中心に捉えることで他者を素晴らしいと思える。


【今回のレビュー】
Mr.Children/CENTER OF UNIVERSE
(アルバム「Q」に収録)


まずはこの歌の歌詞の中で印象的な部分をどうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あぁ世界は薔薇色
総ては捕らえ方次第だ
ここは そう CENTER OF UNIVERSE
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「あぁ世界は薔薇色」
大抵の人が同意できない部分ですし私も同意できません。
しかし、続く歌詞を見てください。


「総ては捕らえ方次第だ」
人は世界をバラ色のように見る可能性を秘めていて、
そう捉えるかどうかは自分自身ということを歌っています。
世の中の目に見える尺度やイメージで判断するのではなく、
自分の視点でどのように見るかで見る景色も変わってきます。


「ここは そう CENTER OF UNIVERSE

自分のいる場所が中心という見方、
あまりに偏りすぎると自己中心と言われがちですが、
別な方向に偏りすぎてるのが人間です。


A:「社会・他人・グループの中に自分がいる」
というのと
B:「自分の周りに社会・他人・グループがある」
とでは違います。


Aは自分が社会・他人・グループの一部になっています。
ところがBは自分とは別物として社会・他人・グループがあります。
つまり、自分と他のものを分けて考えることができます。
もちろん、自分が社会の一部として存在するという視点も大事ですが、
何事も程度と偏りの話です。


また似たフレーズがこの歌のラストにもありまして、
「僕こそが中心ですあぁ世界は素晴らしい」
というものです。
自分を中心に捉えることは他者の軽視にあらず、
自分を中心に捉えることで他者を素晴らしいと思える。
そんな、発想の転換が表現されています。


次のピックアップにいきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
悩んだ末に出た答えなら 15点だとしても正しい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の考えが世間と違う考えになった場合、
・成功モデルや普通に生きてる人を模倣してないから確信がない
・失敗したら自己責任という重圧
そんな気持ちになってしまうところですが、
自分が考え抜いて求めたものなのだから、
世間の指標である点数が低くても、自分の中では正解だとも言えます。


この歌の歌詞は私の世界観をだいぶ変えました。
そして、自由という概念のカケラを拾ったと思ってます。
このブログだって、「自由考察大学」とかいう独自のものです。
一般的に必要とされてるとかより、自由に自由を考察しています。

 

【要点のおさらい】
・総ては捕らえ方次第=世間の尺度ではなく自分の見方次第で景色も変わる
・考え抜いて出た答えが15点でも、それは自分が求めたもので必要だったもの
・自分と他者は別物で、自分を中心に捉えることで他者を素晴らしいと思える。

広告を非表示にする